印相(INSOU)の良い印鑑を探そう。

印鑑には、印相(INSOU)の良い印鑑が存在します。印鑑には、
人の運命を左右するほどの力があると言われています。その条件には何が当てはまるのでしょうか。

印材には印相学上の良し悪しがあります。吉相の印材は、象牙・水牛・つげの3種類です。
これらを使用した印鑑が、吉相の印鑑です。
また、印鑑が名前に調和しているものであることも重要な点と言えます。
判子は名前や生年月日の星などの運勢が関係あるため、名前や生年月日などの
運勢に調和している印鑑であることが大切です。

さらに、印相八方位に接点のある印鑑であること。判子には印相八方位という大きく分けて8つの運勢があります。
この8つの運勢のどの部分にも文字の端を印鑑の縁につなげて彫ってある判子が、印相(INSOU)の良い印鑑といえます。

これらの条件を基にして、よい印相(INSOU)の実印・銀行印・認印などの判子を選んでいくのが
重要となっていきます。運勢が開ける縁起の良い印鑑を選びましょう。