インプラントと歯科情報を配信

アメリカでは、汚い歯や歯並びが悪いことで、その人のレベルを図られてしまい、社会的地位にも関係してきてしまいます。
美しい歯並び、健康な歯は、コミュニケーションを大切にしているアメリカ社会の常識ある社会人の必須条件になっています。


ですからアメリカではインプラントの治療も一般的に行われています。

インプラント 名医バンク|実績豊富なインプラント歯科医院をご紹介

日本では、インプラントの治療を歯科医師なら誰でも行うことができます。

しかしインプラントの治療の先進国と言われているアメリカでは、インプラントの専門医がインプラントの治療を行います。

また、専門医制度が発達しているために、チーム医療においてドクター同士がお互いのインプラントの治療のレベルを熟知しています。ですから、患者にはインプラントの治療のレベルの高い歯科医師だけが紹介されるために、安心してインプラントの治療を高いレベルで受けることができます。日本では、歯を1本失ってしまった場合には、インプラントの治療では健康保険が適用されず、費用が高額になってしまうために、健康保険が適用になるような治療を受けることが多くなっています。ですから、失ってしまった歯の両側の歯を削り、ブリッジで治療をしたり、部分入れ歯を使って治療をすることが多くなってます。
ですがアメリカでは、歯並びが悪いことでマイナスイメージにもつながってしまいます。ブリッジや部分入れ歯などで、残っている歯に負担をかけてしまう治療方法よりも、インプラントの治療をして残っている歯をいかに守るかという考え方が一般的です。


また、日本人は歯が悪くなってしまってからや歯が痛くなってから歯科に行くという考え方ですが、アメリカでは歯が悪くなる前の予防に特化し、一人一人の口腔内に対する意識も知識も非常に高くなっています。人類の夢でもあった第3の永久歯でもあるインプラントの研究も進み、インプラントの治療の技術も日々進歩しています。

日本でも、アメリカのような考え方が浸透していくのではないでしょうか。